2019カッツクラブおすすめのシャフト(スタッフSの試打つぶやき)

今年も各メーカーからシャフトが出ております。カッツクラブおすすめのシャフト「グラファイトデザイン ツアーAD VR」「フジクラ スピーダーエボリューションⅤ」「三菱 ディアマナDF」の3本に、なかなかの人気で話題の「三菱 テンセイ」と、ちょっと面白いかなと思う「フジクラ スピーダーSLK」をスタッフSの試打つぶやきとともにご紹介します。

まずはスタッフSのご紹介から。


スタッフSのプロフィール

(現在44歳、ゴルフの腕はアマチュアですが、クラブを見る目はこの道25年のプロです)

身長:168センチ

体重:78キロ(前後)

ヘッドスピード:45m/s(前後)

飛距離:250ヤード(前後)

スコア:90(前後)

もち球:もともとはスライス、最近は右にも左にも暴れる系


〇低スピンで飛ばせるグラファイトデザイン Tour AD VR

同じツアーADのDIシャフト、TPシャフト、IZシャフトに比べて明らかに先が動きやすいシャフトに感じます。振ったら振った分だけ飛び、コントロール性も良いのでボールを捕まえたい方にはグッド!!です。


〇シャフトがヘッドスピードを上げてくれるフジクラ Speeder EVOLUTION Ⅴ

初代のEVO(通称“青エボ)の後継ということですが、初代に比べてシャフトの走りが抑えられている感じがします。そのせいか、ボールのばらつきは少ないように感じました。力まずラクに振っても安定しシャフトがボールを上げてくれます!


〇先端しっかりで左に行かない三菱ケミカル Diamana DF

先がしっかりしているため、球が左に行く心配がありません。フックボールにお悩みのゴルファーへはベストマッチすると思います。ディアマナはこうでなくては!!という感じのザ・ディアマナです。


〇カウンターバランスが特徴の三菱ケミカルTENSEI™ CK Pro Orange

海外のツアーで大人気のシャフト!! カウンターバランスが特徴で左にはいかない設計です。スペックよりも少々硬く感じるので、通常使っているシャフトより1スペック落として使ってみると良いとおもいます。


〇短尺で飛ばすフジクラ Speeder SLK

短尺にして確実にミート率UPをねらうシャフトです。実はこのシャフト、右にも左にもいく自分にはもってこいのシャフトではないかと思っています。ビッグボールはでませんが、フェアウェイを捉え、平均飛距離は確実にUPすること間違いなしです。